イ・ヨン(孝明世子)は史実でも本当に妹思いだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演した『雲が描いた月明り』は、史実を基にしてフィクションを加えた時代劇である。実際のイ・ヨンは、大変な妹思いの兄として歴史的に有名だった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

多くの妹たち

23代王・純祖(スンジョ)の長男であったイ・ヨンこと孝明世子(ヒョミョンセジャ)には、妹が多かった。『雲が描いた月明り』の中では、イ・ヨンの生母はすでに亡くなっていて純祖が再婚していたことになっていたが、史実では純祖の正室はたった1人であった。それが純元(スヌォン)王后である。
純祖と純元王后の間にできた子供を見てみると、長男が孝明世子であり、その下に4人の妹がいた。一番上の妹はすぐに夭逝してしまったのだが、他に3人の妹がいて、上から明温(ミョンオン)公主(コンジュ)、福温(ポゴン)公主、徳温(トゴン)公主という名前であった。なお、公主というのは、王の正室が産んだ王女を指している。




『雲が描いた月明り』にはイ・ヨンの妹としてミョンウン王女が登場するが、史実では明温公主が該当すると思われる。
孝明世子には、他にも妹がいた。それが永温(ヨンオン)翁主(オンジュ)である。翁主というのは、王の側室が産んだ王女を指している。
この永温翁主の母は純祖の側室であった淑儀(スギ)・朴(パク)氏である。『雲が描いた月明り』でもイ・ヨンの良き理解者として登場している。
そして、ドラマに出てくるヨンウン王女が永温翁主に該当すると思われる。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

https://goo.gl/HsWNJu

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

https://goo.gl/f6tgDD

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る