イ・ヨン(孝明世子)を細かく研究したパク・ボゴム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自ら宮廷舞踊を創作

孝明世子が父の純祖(スンジョ)の代理聴政(テリチョンジョン/摂政のこと)を行なったのは、1827年から1830年までの間だ。
彼はそのときに様々な改革を行なっているが、パク・ボゴムが言うように舞踊の面でも才能を発揮している。
今でも語り種になっているのは、王宮で開かれる宴で披露される舞踊を自ら創作したことだ。




当時、王宮で披露される舞踊は「呈才舞」(チョンジェム)と呼ばれていたが、この「呈才舞」を孝明世子はいくつも自ら創作している。
そうした創作舞踊は絵師たちによって記録されているが、華麗な舞いとして高い評価を受けている。
孝明世子は代理聴政を行なっていた間に、政治の分野だけでなく、芸術の分野でも優れた成果を発揮していた。本当に才能あふれる世子だったのだ。
そうした孝明世子の人物像をよく理解しながら、パク・ボゴムはイ・ヨンを演じていた。その努力が『雲が描いた月明り』で大いに実ったと言える。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)はどのように亡くなったのか

https://goo.gl/sizgPP

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

https://goo.gl/zf3dvA

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る