息もつかせぬ展開!『殺人者の記憶法』が韓国で受けた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ソル・ギョング、キム・ナムギル、オ・ダルスという魅力的な俳優が結集した『殺人者の記憶法』。韓国の映画づくりの魂がこもった作品だ。日本では、2018年1月27日から「シネマート新宿」ほかで全国ロードショーされる。

ソル・ギョングの演技に圧倒される

かつての殺人鬼の物語

映画の面白さの表現として、「息もつかせない」という言葉がある。『殺人者の記憶法』は上映時間の118分がアッという間に終わった。まさに、息もつかせない展開の連続であった。
韓国映画は「リアルさ」にこだわる。たとえ、目をそむけたくなるような場面であっても、ストーリーに必要となれば、決してはずさない。あいまいにしないのだ。




その「リアルさ」に圧倒されていると、自分がストーリーの中に自ら入り込んでしまっている。だから、十分な上映時間があっても、それを短く感じるのだろう。
それでは、『殺人者の記憶法』のストーリーは?
ソル・ギョングが演じるビョンスはかつての殺人鬼で、父親を含めて「この世に必要がない」と思った人物を複数あやめているが、17年前を最後にして、今では平穏に動物の世話をする仕事をしていた。
しかし、アルツハイマーになり、身近な記憶からどんどんなくしていく。そんな彼が交差点で接触事故を起こしたのだが、相手の車のトランクが開いて、そこに入っていたバッグから血が垂れていた。ビョンスは瞬間的にそれが人間の死体ではないかと疑い、相手の車のナンバーまで覚えて警察に通報するが、その車の持ち主は警察官のテジュだった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る