息もつかせぬ展開!『殺人者の記憶法』が韓国で受けた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ソル・ギョング、キム・ナムギル、オ・ダルスという魅力的な俳優が結集した『殺人者の記憶法』。韓国の映画づくりの魂がこもった作品だ。日本では、2018年1月27日から「シネマート新宿」ほかで全国ロードショーされる。

ソル・ギョングの演技に圧倒される

かつての殺人鬼の物語

映画の面白さの表現として、「息もつかせない」という言葉がある。『殺人者の記憶法』は上映時間の118分がアッという間に終わった。まさに、息もつかせない展開の連続であった。
韓国映画は「リアルさ」にこだわる。たとえ、目をそむけたくなるような場面であっても、ストーリーに必要となれば、決してはずさない。あいまいにしないのだ。




その「リアルさ」に圧倒されていると、自分がストーリーの中に自ら入り込んでしまっている。だから、十分な上映時間があっても、それを短く感じるのだろう。
それでは、『殺人者の記憶法』のストーリーは?
ソル・ギョングが演じるビョンスはかつての殺人鬼で、父親を含めて「この世に必要がない」と思った人物を複数あやめているが、17年前を最後にして、今では平穏に動物の世話をする仕事をしていた。
しかし、アルツハイマーになり、身近な記憶からどんどんなくしていく。そんな彼が交差点で接触事故を起こしたのだが、相手の車のトランクが開いて、そこに入っていたバッグから血が垂れていた。ビョンスは瞬間的にそれが人間の死体ではないかと疑い、相手の車のナンバーまで覚えて警察に通報するが、その車の持ち主は警察官のテジュだった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る