やさしく覚える初級ハングル 第4回・呼びかけの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

フレンドリーな雰囲気

ハン「『頑張ってください』というのは、韓国でもスポーツでよく使うのがファイティンという言葉。英語のFightingのことだね」
グル「そうですね。スポーツの試合だけでなく、最近ではファンミーティングでもよく使います」
ハン「ファイティンという言葉の他に、頑張ってください、という意味のハングルはなんだろうか」
グル「ヒム ネセヨ(힘 내세요)という言葉もよく使います。ヒムは力で、ネセヨは出してくださいという意味。それで『力を出してください』となります」
ハン「もう一度最初から整理すると、韓流スターがイベントに出てきたときは、アンニョン、パンガウォヨと挨拶する。それから途中で、チャリッソヨ、ヒム ネセヨと声をかける。別れるときは、アンニョン、チャル ガヨと言えば完璧だね」
グル「とにかく、ファンミーティングというのは、お互いが親しみを持って接する機会なので、かしこまるよりフレンドリーな雰囲気を出したほうがいいでしょう。ここで出た言葉をぜひ覚えてほしいですね」




ハン「それでは他に重要なことをまとめて紹介しよう」
○年上への呼び方
年下が年上に親しみを込めて呼びかけるとき、呼ぶ側と呼ばれる側の性別によって、最後につける呼称が変化します。
・呼ぶほうも呼ばれるほうも男性⇒「형님」(ヒョンニム)をつける
윤호(ユンホ)     ⇒ 윤호형님(ユンホヒョンニム)
・呼ぶほうが男性、呼ばれるほうが女性⇒「누나」(ヌナ)をつける
영애(ヨンエ)   ⇒ 영애누나(ヨンエヌナ)
・呼ぶほうも呼ばれるほうも女性⇒「언니」(オンニ)をつける
예진(イェジン)  ⇒ 예진이언니(イェジニオンニ)
・呼ぶほうが女性、呼ばれるほうが男性⇒「오빠」(オッパ)をつける
용준(ヨンジュン) ⇒ 용준이오빠(ヨンジュニオッパ)
※名前にパッチムがあるときは、名前と呼称の間に「이」(イ)が入ります。その際、「パッチムのリエゾン(連音化)」が起こり、発音が変化するので注意しましょう。(ページ3に続く)

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

やさしく覚える初級ハングル 第2回・リエゾン

やさしく覚える初級ハングル 第3回・あいさつ

【連載】ヒボン式かんたんハングル1

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る