やさしく覚える初級ハングル 第4回・呼びかけの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハン教授とグル助手による対談形式のハングル講座も四回目を迎えた。今回は、いろいろな人に呼びかけるときのハングルを集めてみた。覚えれば、会話のバリエーションが大いに広がる。

パーティで使ってみよう

ハン教授「前回はあいさつの言葉を学んだけれど、相手に呼びかけるときに便利な言葉は何かな」
グル助手「チャル チネッソヨ(잘 지냈어요)ですかね。直訳すると『よく過ごしましたか』ですが、最近はどうですか、という意味で使います。また、チャリッソヨ(잘 있어요)もよく使います。例えば、パーティなんかで黙っているときに、誰かが近づいてきてチャリッソヨと言う。『調子はどう?』みたいな意味ですね」




ハン「呼びかけとしてはオッテヨよりいい。日本語なら『どうも』みたいな感じかな」
グル「そうですね」
ハン「久しぶりに会った場合はオレガンマン(오래간만)という言葉も使う」
グル「ていねいに言うと、オレガンマンイムニダ(오래간만입니다)ですね」
ハン「オレガンマンだけじゃダメかね」
グル「オレガンマンはよっぽど親しい間じゃないと使わないですね」
ハン「そうか。やっぱりチャリッソヨは何にでも使えるし、ステージ上で韓流スターに呼びかけるときは、このチャリッソヨがいいかもしれないね」
グル「元気ですか、みたいな感じで」(ページ2に続く)

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

やさしく覚える初級ハングル 第2回・リエゾン

やさしく覚える初級ハングル 第3回・あいさつ

【連載】ヒボン式かんたんハングル1

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る