南怡島(ナミソム)の紅葉がすばらしい(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

南怡島で紅葉を楽しむなら、最初に、船着場の先にある広場に行ってみよう。ここは『冬のソナタ』の場面で言うと、高校時代のチュンサンとユジンが大きな雪の固まりを転がして遊んだ場所だ。

ホノボノとした光景

広場は、テレビ画面で見たときは雪で覆われていたが、秋は美しい芝生が見えている。ここでも鮮やかなモミジを堪能できる。
その木の下にシートを敷いてお弁当を食べているカップルや家族連れも多い。その仲間入りをしてモミジの木の下に寝そべっていると、どこからかリスがやってきて木の実をつついているのが見えた。




なんともホノボノとした光景である。
ゆっくりと、島の周囲をまわる小道を歩きだす。りっぱなイチョウの木が水辺に林立している。
いくつかの道に見覚えがある。そういえば、目の前の道はチュンサンとユジンが賑やかに駆け抜けていた。(ページ2に続く)

韓国の方言にはどんな特徴があるのか

生活力がある「韓国の頼もしき中年女性たち」

寒くなるとスンドゥブチゲが食べたくなる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る