やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

子音には平音・激音・濃音の3つがある

ハン「基本母音が10個あって、それが組み合わされた複合母音が11個。애(エ) 얘(イェ)에(エ) 예(イェ) 와(ワ) 왜(ウェ) 외(ウェ) 워(ウォ) 웨(ウェ) 위(ウィ) 의(ウィ)。これはもう機械的に覚えるしかない」
グル「そうですね。基本母音が複数くっついているのが複合母音ですね。でも、複合母音は韓国語の発音でも似たものがあるんです。たとえば、왜(ウェ)と외(ウェ)なんてのは、韓国人でも区別が付かなかったりするんですよ。だから、そこは気にせずにカタカナで書いてあるとおりに発音すれば、大体韓国人にもわかります」




ハン「それから子音が19個。ちょっと難しくなるが、子音には平音・激音・濃音という3種類がある。これは、発音するときの声の出し方が違うもの。平音が基本なので、まず平音だけ覚えればいい。これは、가(カ)・나(ナ)・다(タ)・라(ラ)・마(マ)・바(パ)・사(サ)・아(ア)・자(チャ)となっていて、このカタカナと同じように読んでいけばいい。次に、激音が5個あって、カタカナでいえば카(カ)・타(タ)・파(パ)・하(ハ)・차(チャ)なんだけど、声の出し方が平音とは違う。わかりやすく言えば、辛いトウガラシを食べたあとに息をカーッと吐き出すような感じで言うのが激音だね」
グル「さらに濃音は、까(カ)・따(タ)・빠(パ)・싸(サ)・짜(チャ)の5つ。発音の仕方としては、前に小さい『っ』が入ると考えればいいと思います。例えば、ッカ、ッタ、ッパ、ッサ、ッチャというように……。激音は息を吐く音で、濃音は息を吐かない音なんです。発音をするときに息を吐かないと、そういう音が自然と出てくる」
ハン「重要なのは、ハングルというのは子音と母音の組み合わせだということ。とりあえずカタカナで表記されているとおりに発音すれば問題ないと思う」

やさしく覚える初級ハングル 第2回・リエゾン

やさしく覚える初級ハングル 第3回・あいさつ

やさしく覚える初級ハングル 第4回・呼びかけの言葉

【連載】ヒボン式かんたんハングル1

 

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る