おウチでできる韓国家庭料理(テンジャンチゲ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で朝によく食べられる定番チゲが「テンジャンチゲ」である。この「テンジャン」とは味噌のこと。しかも、辛くない味噌をさす。だから、辛いものが苦手な人にもぜひお勧めの鍋だ。

冬ソナに出たテンジャンチゲ

そういえば、『冬のソナタ』の第2話でユジン(チェ・ジウ)がチュンサン(ペ・ヨンジュン)に作ってあげていた鍋がテンジャンチゲだった。
けれど、チュンサンは食べずにユジンの家を飛び出してしまった。彼があることを思い出したからだった。
あのときのテンジャンチゲ……。




画面で見ても本当においしそうだった。
とにかく、テンジャンチゲは辛いものが苦手な人でも文句なく味わえるので、いかにも万人向きの鍋と言える。
それだけ、韓国では作られる割合がとても高いのである。
しかも、具がたくさん入った味噌汁のような効果があるので、本当にご飯をおいしく食べられる。
それでは、実際にテンジャンチゲを作ってみよう。(ページ2に続く)

おいしい海鮮チヂミの作り方

https://goo.gl/yVKWqB

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方

https://goo.gl/Za4BCe

おウチでできる韓国家庭料理(特製キムチチゲ編)

おウチでできる韓国家庭料理(プデチゲ編)

おウチでできる韓国家庭料理(ヘムルチゲ編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る