10月9日は韓国の「ハングルの日」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年から祝日

特権階級が訓民正音に反対したせいで、朝鮮王朝時代には訓民正音がなかなか広まっていかなかった。
さらに、訓民正音は官僚たちによって「諺文(オンムン)」と呼ばれた。「諺」という漢字は、「民間に広がる通俗的な語句」といった意味なのだが、同時に「粗末な」という意味合いがある。
このようにして、近代に至るまで訓民正音は軽んじられてきた。




19世紀の末、朝鮮半島が列強国の圧力を受ける中で、民族の誇りを取り戻すという意味で独自の文字が重宝されるようになった。
そうした中で訓民正音はやがて「偉大な文字」という意味を持つ「ハングル」と呼ばれるようになった。
ハングルは1945年に植民地支配から解放されてからは、公式文書でも使われるようになり普及が進んだ。
1970年、世宗が1446年に訓民正音を公布したと推定される10月9日が「ハングルの日」になった。
当初は祝日であったが、祝日を減らす流れの中で1990年に祝日でなくなってしまう。しかし、2013年から再び祝日になって今に至っている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

米朝対立でもいつもと変わらないソウルの日常!

招待されない人も出席する韓国の結婚式事情

通常は「割り勘」をしないのが韓国のスタイル

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る