2017年の韓国のお盆は10月4日です

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のお盆は秋夕(チュソク)と呼ばれていて、旧暦の8月15日が該当します。2017年は、10月4日が旧暦の8月15日になります。例年だと9月下旬になることが多いのですが、今年は10月に入ってから秋夕を迎えました。

韓国では秋夕(お盆)のときに墓参りに行きます

年に一度の墓参りの時期

韓国では、秋夕の前後の1日ずつを含めて、合計3日間の連休になります。その連休を利用して、多くの人たちが帰省します。2017年も列車や高速道路が、秋夕の時期に大混雑しました。
そもそも、韓国の秋夕とはどのような日なのでしょうか。




韓国では、先祖を崇拝する習慣が根付いていますが、実は先祖の墓参りをするのは秋夕だけなのです。たとえば、両親や祖父母の命日であっても自宅で法事をするだけで、墓参りには行きません。
それだけに、秋夕のときは年に一度の墓参りの時期となります。
通常は、秋夕の前に墓をきれいに整備することが習慣となっています。なにしろ、韓国のお墓は小さな古墳のようになっていて、腰や胸くらいまで草が生えてしまうことが多くなります。
そこで、秋夕の2週間くらい前に子孫が総出で墓に行って、まず草刈りをして墓をきれいにします。これを韓国語でポルチョと言います。(ページ2に続く)

取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

人の名を呼ぶときに韓国でしてはいけないこと

これは便利!韓国は出前天国

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る