韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

「恨」から「情」の世界へ

果たして「恨」とは何か。
それを日本人が理解することは難しいのだが、そういう感情があると知っておくだけでも、韓国ドラマの見方が随分と変わってくるかもしれない。
『冬のソナタ』などの四季シリーズで知られるユン・ソクホ監督は、韓国ドラマの特性について次のように述べている。




「韓国ドラマは、一朝一夕に作られたものではありません。韓国の文化的な滋養分がドラマに結びついてきたと言えます」
「本来、韓国の民族性は『家族』や『配慮意識』に特別な思いがあります。そして、韓国人は感性と感情が豊かで、気質的に抒情性があるものが好きです。このような文化的な滋養分と韓国ドラマがうまく調和しているのではないでしょうか」
「昔から私たちの国には『恨』という感情があり、その『恨』を解き明かしていくうちに『情』を感じるようになり、それがドラマに生かされています」
ユン・ソクホ監督の話を聞いていると、「恨」から「情」が生まれるという。それゆえ、韓国ドラマはあんなにも感情が激しいのである。
テレビドラマは娯楽であると同時に、その国の文化や民族性を象徴するコンテンツであることを改めて実感する。

文=「ロコレ」編集部

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)
https://goo.gl/EfikYY

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る