韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

宿命として抱えていく

韓国人に「恨」とは何か説明してください、と面と向かって言っても、ほとんどの韓国人は明確には言えないかも。
なぜなら、はっきりと定義づけできる感情ではないからだ。
けれど、ずっと幼い頃からその感情を抱えている。




祖父や祖母から昔のいろんな話を聞いてそれを感じることもあれば、歌や文学を通して「恨」の感情に気づくこともある。いわば、先祖から脈々と受け継いできた民族的感情の最たるものが「恨」なのである。
たとえば、日本人の場合、苦しいときは何か気晴らしが必要だと考えがちだ。気休めでもいいから、何か楽しいことで苦しさをまぎらわそうとする。
でも、韓国人の場合は、苦しいときに気晴らしがあるとそれが終わったときに苦しみがもっとひどくなるから、そういう楽しみだったらないほうがいいと考える。
むしろ、今の苦しみをありのままに受け取って、その苦しみの中に何か意味を見いだそうとする。
あるいは、自分の生活の中で避けることができない苦しみがあれば、それは宿命としてずっと抱えていくしかないと思い、その中に安らぎを見いだそうとする……そうした感情が「恨」なのである。(ページ3に続く)

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)
https://goo.gl/EfikYY

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る