最新公開映画紹介!『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

意表をつく形で始まるが、その「意表」に深い意味が隠されていることが次々に明らかになっていく……そんな興味深い展開を持った映画が『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』である。キム・ナムギルとチョン・ウヒの主演。数々の美しい映像が、温かさと癒しを大いに感じさせてくれる。

(C)2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

(C)2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

どんなストーリー?

保険調査員のガンス(キム・ナムギル)は、最愛の妻を亡くしたことで、途方に暮れていた。
そんなとき、会社の上司から命令を受けた彼は、調査のために事故で意識不明となってしまった視覚障害者の女性ミソ(チョン・ウヒ)の病室を訪れる。




ガンスが病室の中を見回していると、そんな自分を見つめる1人の女性の存在に気づく。本人によれば、意識不明の状態でベッドに寝ているはずのミソだという。
突然のことに驚いて病室を出て行くガンス。その後も、病院で彼女の姿を目撃するが、その姿は他の人には見えていなかった。そのため、ミソにはガンス以外に頼れる人はいなかったのだ。
ミソのことが唯一見えるガンス。信じられないことなのだが、やがてそれを受け入れたガンスは、ミソの事故について調査を進めていく。すると、そこにはとても悲しい出来事があった……。(ページ2に続く)

『ワン・デイ』に主演したキム・ナムギルの演技に魅せられた

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る