韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

1945年に植民地支配から解放

朝鮮半島の人々にとって「姓」は民族の誇りを示す象徴的なものです。それだけに創氏改名は受け入れがたかったのですが、それを強制されることで、自尊心が著しく傷つけられました。
1941年12月、日本はアメリカに宣戦布告しました。
戦局が激化すると、多くの人たちが日本国内の炭鉱や軍需工場で強制的に働かされたり、兵士として戦場に駆り出されたりしました。男性ばかりではなく、女性も徴用されるようになりました。その一部の人たちはいわゆる「従軍慰安婦」と呼ばれ、今も日韓の外交課題になっています。




1945年8月15日、日本の敗戦によって、朝鮮半島はようやく植民地支配から解放されました。
人々は「これで民族による独自の政府を樹立できる」と歓喜しましたが、喜びも束の間、朝鮮半島は米ソの冷戦のあおりを受けて南北に分断されました。1950年には朝鮮戦争も起こり、以後も民族分断の苦難の歴史が続いています。
(終わり)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

「三・一独立運動」とは何か

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る