TWICEが見せてくれた新しい世界観!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本デビューを飾ったアルバム『♯TWICE』は、発売して1週間で21万枚を超える大ヒットとなった。華々しく日本でスタートを切ったTWICEは、今後の日韓にどんな新しい風を運んでくれるのだろうか。

★_10A6424

大成功だった日本デビュー

TWICEは、日本オフィシャルファンクラブのオープンを記念して、日本初となる単独公演を7月2日に東京体育館で行なった。
当日の会場の熱気が凄かった。TWICEのメンバーがオレンジ色のパーカーで登場すると、ペンライトが一斉に会場内でキラキラと輝き、ファンの声援が怒濤のように響き渡った。
大成功となったTWICEの日本デビュー。よく知られているように、TWICEは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人という構成になっている。




日本人の3人はみんな関西の出身で、ミナが兵庫県、サナが大阪府、モモが京都府となっている。
たとえば、ミナが凄いのは、県内の名門高校に通っていたのに、中退して果敢に韓国にわたったことだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る