康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が知るべき歴史3/朝鮮出兵直後編」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

豊臣軍による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)が終わったのは1598年11月だった。戦乱は終結しても、国土が荒廃した朝鮮王朝の恨みは甚だしかった。日本と朝鮮半島の間で外交を仕切っていた対馬は、朝鮮王朝に対して関係修復を働きかけたが、何度も門前払いにされた。

KIMG0137

朝鮮王朝にとって好ましい人物

日朝関係の状況が変わったのが1600年9月だった。
日本では豊臣の家臣団が東西に分裂して天下分け目の決戦にもつれこんだ。関ケ原の合戦である。この戦いに勝利したのが東軍の徳川家康で、彼が豊臣家から政権を奪うことが確実となった。




朝鮮半島でも変化があった。戦乱が終わってもしばらく駐留していた明国の軍勢が中国に引き揚げた。再度日本からの襲来があった場合、朝鮮王朝は単独で対処しなければならなくなった。
しかし、そんな心配はいらなかった。朝鮮王朝にとって家康は、仇敵の豊臣家を没落させてくれた人物であった。しかも、家康は朝鮮出兵のときに配下の兵を1人も朝鮮半島に送っていなかった。朝鮮王朝が和平の話し合いを始めるにあたり、家康ほど好ましい相手は他にいなかったと言える。(ページ2に続く)

康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が知るべき歴史1/明治維新編」

康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が知るべき歴史2/日韓国交回復編」

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る