『偉大なる遺産』を監督したチャン・グンソクの手腕は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

still_4

『偉大なる遺産』で主人公が子供時代を振り返る場面

タイトルの意味

チャン・グンソクはこれまでも熱心に短編映画を作ってきた。
今回の『偉大なる遺産』は、タイトルからして風刺が効いている。
普通、「偉大」と言うと、大富豪の遺産を真っ先に想像してしまう。しかし、この映画の遺産は、空き瓶を集めて売っていく生活を続けていた父が必死になって貯めたお金なのである。




つまり、大富豪の遺産とはかけ離れた額なのだが、しかし、1人の男が生涯をかけて地道に貯めたお金と考えれば、確かに「偉大」である。
その遺産を息子は借金の返済に使おうとしているのだ。そこに、観客が最初から「ドキリ」とさせられる要素がある。
その「ドキリ」がやがて「ハラハラ」になり、さらにクライマックスで「ギクリ」となる。それゆえ、余韻が残る。
映画は10分に満たないが、その中に父の人生と息子の現状がスリリングに凝縮されている。チャン・グンソク監督の手腕が見事である。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る