『偉大なる遺産』を監督したチャン・グンソクの手腕は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017のオフィシャルコンペティションで、チャン・グンソクが監督を務めたショートフィルム『偉大なる遺産』が、観客の投票で決定されるアジア・インターナショナル部門のオーディエンスアワード(観客賞)を受賞した。同作品は7月16日より、横浜ブリリアショートショートシアターで上映予定になっている。

WMjydLcv0qso9BR1498726639_1498726747

短編は設定が一番重要

チャン・グンソクが監督を務めた『偉大なる遺産』は、「借金を背負った男を救うはずの父は、預金通帳の暗証番号を伝える前に昏睡状態になってしまう。息子は病床の父に何度も呼びかけるが、父の意識はない。途方に暮れる男は、暗証番号を知る手だてを必死にさがすのだが……」といった内容だ。
設定が面白い。どんな設定の映画を作るかが短編の一番のポイントになるが、チャン・グンソク監督は「預金通帳の暗証番号」というネタをメインに持ってきた。




憔悴しきった主人公の男。
途方に暮れているのは、父が昏睡状態だからなのか、あるいは、父の貯金を借金の返済にまわせないからなのか。
映画を見れば一目瞭然である。
そこに、人間の怖さと薄情さが見え隠れしている。(ページ2に続く)

数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

ページ上部へ戻る