『偉大なる遺産』を監督したチャン・グンソクの手腕は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017のオフィシャルコンペティションで、チャン・グンソクが監督を務めたショートフィルム『偉大なる遺産』が、観客の投票で決定されるアジア・インターナショナル部門のオーディエンスアワード(観客賞)を受賞した。同作品は7月16日より、横浜ブリリアショートショートシアターで上映予定になっている。

WMjydLcv0qso9BR1498726639_1498726747

短編は設定が一番重要

チャン・グンソクが監督を務めた『偉大なる遺産』は、「借金を背負った男を救うはずの父は、預金通帳の暗証番号を伝える前に昏睡状態になってしまう。息子は病床の父に何度も呼びかけるが、父の意識はない。途方に暮れる男は、暗証番号を知る手だてを必死にさがすのだが……」といった内容だ。
設定が面白い。どんな設定の映画を作るかが短編の一番のポイントになるが、チャン・グンソク監督は「預金通帳の暗証番号」というネタをメインに持ってきた。




憔悴しきった主人公の男。
途方に暮れているのは、父が昏睡状態だからなのか、あるいは、父の貯金を借金の返済にまわせないからなのか。
映画を見れば一目瞭然である。
そこに、人間の怖さと薄情さが見え隠れしている。(ページ2に続く)

数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る