キムチなくして韓国料理は語れない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

すっかり日本の食卓に定着したキムチ。本場の韓国で作られたキムチが日本のスーパーで販売されているのも当たり前の光景になった。夏場に向けてのスタミナ食でもあるキムチについて改めて効能を紹介しよう。

0205

重要な発酵食品

「日本の白菜漬けとキムチの大きな違いは?」と言われたら、「唐辛子が入っているかどうか」と答える人もまだ多いだろう。
確かに見た目ではそう見える。しかし、16世紀末に唐辛子が当時の朝鮮半島に入ってくるまでの白菜キムチは、現在のように赤いものではなく、白かったのだ。




つまり、キムチとはただ唐辛子を入れた辛い漬物という意味ではないのだ。厳しい冬に野菜から栄養を補給するために、長期保存できる食品として生み出された保存食である。つまり、単なる塩漬けではなく重要な発酵食品なのだ。
野菜をただ塩漬けにするのではなく、発酵させることによって、さらに人体に必要な栄養素を生み出すことができる。その主となるのが乳酸菌だ。キムチには良質の乳酸菌が含まれており、整腸効果にすぐれている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る