なぜ朝鮮王朝が寄贈した鐘が今も東照宮にあるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

KIMG0048

鐘の銘文には、朝鮮王朝から寄贈されたものであることが記されている

朝鮮通信使の驚き

寛永20年(1643年)6月、朝鮮通信使の来日に先立って鐘は海路で江戸に運ばれたあと、さらに日光に送られた。先に覆屋は完成しており、到着した鐘は丁重に懸けられた。それが、今も現存している鐘である。
高さは110センチで外径は90センチ。鐘の龍頭の下には、朝鮮で鋳造された鐘の特徴である孔があり、そこから別称で「虫喰鐘」と呼ばれるようにもなった。




その鐘が、今では拝観料さえ払えば誰もが気軽に見ることができる。このように、歴史は秘蔵されるものではなく、今も生々しく実感するものなのである。
それにしても、現代の日光は多くの外国人観光客を集めているが、原点に戻れば、最初にこの地を訪れた外国人は朝鮮通信使の一行であった。彼らは東照宮の壮麗さを日記に克明に記している。
時代が変わっても、東照宮が多くの人を魅了するという点は変わらない。朝鮮通信使の驚きは、現代の外国人観光客の驚きでもある。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る