『イニョプの道』に登場する太宗(テジョン)とは誰か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝の3代王・太宗は、初代王・太祖(テジョ/李成桂〔イ・ソンゲ〕)の五男だった。兄弟同士の骨肉の争いを制して、彼は1400年に朝鮮王朝の3代王として即位し、王朝の基盤を整備した。

IaHH_pXQLlOSw_Q1493947902_1493947945

異母弟との確執

太祖には8人の息子がいた。
第一夫人の神懿(シンイ)王后から6人の息子、第二夫人の神徳(シンドク)王后から2人の息子が生まれた。
この8人の息子の中で、朝鮮王朝の建国に一番貢献したのが五男の芳遠(パンウォン/後の太宗)であった。




彼は策謀が巧みな武闘派だった。
しかし、太祖は神徳王后との間にできた八男の芳碩(パンソク)を溺愛して、まだ10歳だったのに世子(セジャ/正式な後継者)に指名した。
芳遠は怒った。実の兄たちならば許せるが、まだ幼い異母弟が世子になることは絶対に容認できなかった。(ページ2に続く)

放送開始!『イニョプの道』の歴史解説(最新版)

【『イニョプの道』歴史解説】物語と史実はどう交わるのか【その1】

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(初代王・李成桂編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(3代王・太宗編)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る