除隊した東方神起ユンホ!素敵な怪物は何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年4月20日の午前に、ユンホは所属していた楊州(ヤンジュ)市の第26師団を除隊した。彼は報道陣やファンの前で多くを語ったが、とりわけ軍隊生活に言及した部分が力強かった。

 

21カ月前のあの日

情緒的な映画であれば、2015年7月21日と2017年4月20日の違いをどのように対照的に描くのだろうか。
2015年7月21日は、言うまでもなく、ユンホの入隊日だった。
小雨が降ったこの日、楊州(ヤンジュ)には多くのファンが集まったが、ユンホは非公開で入隊していった。




午後1時45分ごろ、ユンホを乗せた車がファンの前を横切った。しかし、彼は姿を見せることなく、軍の施設の中に入っていった。
とはいえ、入隊と同時に所属事務所のホームページ上に、ファンに向けた直筆の手紙を公開していた。
その中で、「除隊するときは、より強くて、いっそう素敵な怪物になって帰ってきます!」と宣言した。(ページ2に続く)

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

東方神起ユンホの兵役活動を高く評価する3つの理由

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る