韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

このエントリーをはてなブックマークに追加

並大抵の努力ではない

朴敏祐氏は、さらにこう語る。
「軍楽隊は軍内部の公式行事はもちろん、一般人のための公演にも出演します。これは軍のイメージアップのためのもので、地域の祭りやイベントなどの小さい舞台も多いのですが、そこでもユンホは熱心にステージを務めていて、その誠実な姿が評判になっています。これは、なかなかできることではありません」
ドームで何万人の観客を前にしても、韓国の地方で特設の小さなステージに立つときも、ユンホの基本的な姿勢は変わらない。




常に「全力」がモットーである。そのことが高く評価されていると朴敏祐氏は指摘している。
さらに、具体的なことを話してくれた。
「私の友人の中にも、軍楽隊に入っていた人が何人かいますが、話を聞くと、一般兵士とは違って訓練なども厳しくないそうです。そんな環境の中で特級戦士に選ばれるというのは、並大抵の努力ではないでしょう。ユンホの軍生活は真面目そのものであり、多くの人たちの模範になります」(ページ3に続く)

東方神起ユンホは軍楽隊の経験を今後どう生かすのか

東方神起ユンホはどのようにして「素敵な怪物」になったのか

東方神起ユンホの兵役活動を高く評価する3つの理由

ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る