朝鮮王朝の「経国大典」を知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

003

庶民の結婚に関する規定が書かれている

憲法から民法・刑法まで

もう少し、「経国大典」の内容を見てみよう。




たとえば「礼典」の中にある「婚嫁」という項目を見てみると、次のように記されている。
「男子十五歳、女子十四歳になれば、結婚することを許可する。万一、両家の父母の中の一人が病気であったり、五十歳を過ぎていたり、子女の歳が十二歳以上であれば、官に申告することで許可することもできる」
このように「経国大典」では、庶民が結婚できる年齢に至るまで厳格に規定していた。まさに、「経国大典」は朝鮮王朝の憲法であり、同時に、民法や刑法であったのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

『オクニョ』が描くのはどんな時代?
https://goo.gl/qh5AVg

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場
https://goo.gl/nsHKgb

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場
https://goo.gl/BEcbAo

ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る