世界で一番ドラマが好きな国「韓国」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ドラマというのは、その国の国民性や生活習慣などを如実に見せてくれるコンテンツだが、「韓国ほどドラマが好きな国は他にないのではないか」とさえ思える。何よりもドラマの本数が抜群に多い。その作品数に本当に驚いてしまう。

DSCF1734

週2回放送体制を堅持

たとえば、KBS、MBC、SBSという地上波のテレビ局を見ても、毎日30分ずつ放送している「毎日ドラマ」があれば、月火、水木と連続して放送する「ミニシリーズ」があり、さらには土日に放送する「週末ドラマ」がある。
「いったい1日に何本のドラマを放送しているの?」
そう思えるくらいに、ドラマがテレビ画面を賑わせている。




連続ドラマでも1週間に1回放送するのがどの国でも基準だろうが、韓国はまるで違う。2夜連続で1時間のドラマを放送して、週2回放送体制を堅持している。
しかも、韓国は事前制作ドラマが非常に少なくて、ほとんどが撮影しながら放送するという「生放送」状態。作るのは本当に大変だ。(ページ2に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!
https://goo.gl/G2E0cJ

『オクニョ』が描くのはどんな時代?
https://goo.gl/qh5AVg

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る