韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

過去20年間、韓国時代劇は制作面で大いに発展してきました。その中で、制作の流れを見ていると、4つの大きな潮流がありました。それを順番に見ていきましょう。

'µ¿ÀÌ' ÇÑÈ¿ÁÖ, ¾Æ¿ª¹è¿ìµé°ú ÇÔ²²

長編大作の時期

1つ目の潮流は、1990年代後半から2000年にかけて生まれた『龍の涙』『王と妃』『女人天下』などの長編大作です。これらの作品は、朝鮮王朝の歴史にわりと忠実につくられたドラマでした。
朝鮮王朝の正式な歴史書は「朝鮮王朝実録」です。原文は漢文で、1993年にハングル版の翻訳が完成しました。このハングル版は、1日に100ページ読み進めたとしても、読み終わるまでに4年半かかるという膨大な書物です。
このハングル版の刊行によって、韓国の一般の人も「朝鮮王朝実録」を読むことができるようになりました。
冒頭の3作品以前の韓国時代劇は同じネタのくり返しが多く、人気も今ひとつという印象でした。そこに、「朝鮮王朝実録」の史実を反映させた大作ドラマが立て続けに登場し、人気を博すことになったのです。その結果、時代劇の好企画が多く生まれ、人材も多く投入されるという好循環のサイクルに入ります。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

康熙奉(カン・ヒボン)が語る「仁祖(インジョ)の功罪」(前編)

解説!貞明公主はなぜ大地主になれたのか

キム・ジャジョム(金自点)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』に登場

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る