光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

このエントリーをはてなブックマークに追加

貞明公主と光海君

懿仁王后は1600年に亡くなったので、宣祖は再婚をした。二番目の正室として迎えたのが仁穆(インモク)王后だった。
そして、仁穆王后が1603年に産んだのが貞明公主であり、1606年に産んだのが永昌大君(ヨンチャンデグン)である。




光海君からみれば、貞明公主は異母妹にあたる。
とはいえ、光海君は側室から生まれており、貞明公主は正室から生まれている。ここに、大きな格の違いがある。(ページ3に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか
https://goo.gl/z5lJ1z

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る