光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇『華政(ファジョン)』の後半では、主人公の貞明公主を中心に、光海君と綾陽君との関係が描かれていた。この3人は、王族の中でどのようなつながりがあったのか。改めて説明していこう。

080H3_09ITceOmc1487987770_1487987825

臨海君と光海君

14代王・宣祖(ソンジョ)の最初の正室は懿仁(ウィイン)王后だったが、2人の間に子供はいなかった。
そのかわり、宣祖は側室との間にたくさんの子供をもうけた。




側室の恭嬪(コンビン)・金(キム)氏が産んだ王子は2人。兄が臨海君(イメグン)で、弟が光海君だった。宣祖から見れば、臨海君が長男で光海君が二男である。
結局、宣祖のあとを継いで15代王になったのは、二男の光海君だった。(ページ2に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか
https://goo.gl/z5lJ1z

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る