仁祖(インジョ)の生涯2!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 仁祖と世子の確執

仁祖の最初の正室は仁烈(インニョル)王后で、2人の間には4人の息子が生まれている。その長男が、世子(セジャ)の昭顕(ソヒョン)であった。しかし、仁烈王后は1635年に41歳で亡くなり、仁祖は二番目の正室として、荘烈(チャンニョル)王后を迎えた。

r4_Eo93kZ8HoeoA1487809863_1487809907

清に対する復讐心

14歳という年齢で43歳の仁祖と結婚した荘烈王后であったが、夫婦となりながら王の愛を得られなかった。当時の仁祖は側室の趙(チョ)氏を寵愛していたからだ。
この趙氏は、悪女の代名詞のような女性で、後に様々な悪事に手を染めていく。
一方、清に連れていかれた仁祖の息子たちはどうなったのか。




長男の昭顕と二男の鳳林(ポンニム)は対照的だった。
昭顕は妻の姜(カン)氏と一緒に、清での生活に満足していた。人質とはいえ、不自由はなく、夫婦は先進の文明を満喫した。2人は西洋の宣教師とも交際し、世界観を大いに広げていた。
しかし、鳳林は人質生活に不満を募らせ、清に対する復讐心を燃え上がらせた。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る