仁祖(インジョ)の生涯1!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

人質になった息子たち

1万3千人の兵と一緒に南漢山城で籠城した仁祖。その間に、清の大軍は漢陽で略奪と放火を繰り返した。
民衆は悲惨な状態になった。観念した仁祖は籠城をやめて、1637年1月に漢江(ハンガン)のほとりまで出てきて、清の皇帝の前で土下座のように謝罪した。
朝鮮王朝が始まって以来の屈辱だった。




そればかりではない。莫大な賠償金を課せられ、仁祖の息子3人は人質として清に連れていかれてしまった。
三男はすぐに帰されたが、長男で世子(セジャ)の昭顕(ソヒョン)と二男の鳳林(ポンニム)は長く清の瀋陽(しんよう)に軟禁されることになった。
「王がだらしないから、野蛮な国に支配されてしまったんだ」
民衆たちは口々に仁祖をののしった。

(第2回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る