仁祖(インジョ)の生涯1!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

清の大軍に攻められた

一緒にクーデターを成功させた同志が反乱を起こし、一時的に仁祖は都から避難するという苦難を味わった。
その乱はなんとか収束させたのだが、1627年には北方の異民族の後金に攻められてしまった。
朝鮮王朝は武力で後金に対抗することができず、仁祖は都の漢陽(ハニャン)を捨てて江華島(カンファド)に避難した。そのうえで、講和会議を重ねて後金の怒りを解こうとした。条件は後金を支持することだった。




当時、後金は中国大陸を支配する明と激しく争っており、本来は朝鮮王朝も明を宗主国のように崇めていたのだが、その方針を変更せざるをえなくなった。それを条件に、後金は大軍を引き揚げた。
しかし、仁祖は後金と交わした講和条件を守らなかった。
怒った後金は国号を清と変えた後、1636年12月に12万の大軍で再び攻めてきた。またもや仁祖は江華島に逃げようとしたが、すでに清の大軍が迫ってきており、漢陽の南側にある南漢(ナマン)山城に避難するのが精一杯だった。(ページ4に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る