貞明(チョンミョン)公主の生涯7!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回 貞明公主の危機

仁穆(インモク)王后は、娘の貞明公主の幸せを願いながら1632年に48歳で亡くなった。このときから、貞明公主を支援していたはずの16代王・仁祖(インジョ)の態度が変わってきた。それによって、彼女はかなり辛い立場に追い込まれていった。

KYpH0FESoPVXX5Y1486974931_1486974988

呪い殺されるという恐怖

仁祖は、なぜ貞明公主への態度を急に変えたのか。
それは、仁穆王后の葬儀を終えたあとに、急な病に襲われたからだった。
激しい下痢と腹痛、そして、高熱に悩まされた仁祖。主治医が診断しても原因がわからないほど、病は深刻だった。




苦しみ抜いた仁祖は、疑心暗鬼になった。
「誰かが呪詛(じゅそ)をしているのだ。それに違いない」
そう思い始めた仁祖が、自分を呪い殺そうとしている相手として思い浮かべたのが貞明公主だった。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯8!『華政』(ファジョン)の主人公

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る