貞明(チョンミョン)公主の生涯7!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回 貞明公主の危機

仁穆(インモク)王后は、娘の貞明公主の幸せを願いながら1632年に48歳で亡くなった。このときから、貞明公主を支援していたはずの16代王・仁祖(インジョ)の態度が変わってきた。それによって、彼女はかなり辛い立場に追い込まれていった。

KYpH0FESoPVXX5Y1486974931_1486974988

呪い殺されるという恐怖

仁祖は、なぜ貞明公主への態度を急に変えたのか。
それは、仁穆王后の葬儀を終えたあとに、急な病に襲われたからだった。
激しい下痢と腹痛、そして、高熱に悩まされた仁祖。主治医が診断しても原因がわからないほど、病は深刻だった。




苦しみ抜いた仁祖は、疑心暗鬼になった。
「誰かが呪詛(じゅそ)をしているのだ。それに違いない」
そう思い始めた仁祖が、自分を呪い殺そうとしている相手として思い浮かべたのが貞明公主だった。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯8!『華政』(ファジョン)の主人公

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る