貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

貞明公主と永昌大君

1603年、仁穆王后は宣祖の子供を産んだ。
王子ではなく、王女であった。この王女こそが貞明公主だった。
王位を継承できる男子ではなかったが、正室が産んだ初めての子供だったので、宣祖は貞明公主をとても可愛がった。




貞明公主に弟が生まれたのは、彼女が3歳のときだった。仁穆王后が1606年に永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだのである。
宣祖は、あきらめかけていた嫡男を得て、世子を光海君から永昌大君に替える腹積もりだった。
彼が長生きしていれば、間違いなく後継者は永昌大君になっていたはずだ。
しかし、宣祖は1608年に亡くなってしまった。さぞかし無念であったことだろう。自分の目で嫡男の即位を見ることができずに……。(ページ4に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯2!『華政』(ファジョン)の主人公

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る