朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝時代の27人の王の平均寿命は、46歳である。贅沢な食事をとって栄養がたっぷりだった割には、平均寿命がそれほど長くない。やはり激務が応えたとしか言いようがない。

MBC µå¶ó¸¶ 'ÀÌ»ê' ÁÖ¿¬¹è¿ìµé

王の子供の数の比較

朝鮮王朝時代には、前期より後期になると、王の子供がどんどん少なくなる傾向があった。
27人の王を比較してみると、前半の14代王・宣祖(ソンジョ)までは王の子供が178人いたのに対し、15代王の光海君(クァンヘグン)以降は全部で57人と激減している。




王の子供が少なくなったあおりで、王の遠縁の者まで後継者候補に名を連ねるようになり、跡継ぎ問題は何度も混迷した。それが不安定な治世に結びついてしまったことも否めない。(ページ2に続く)

朝鮮王朝おどろき国王列伝1/光海君〔クァンヘグン〕・前編

朝鮮王朝おどろき国王列伝2/光海君〔クァンヘグン〕・後編

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る