『華政(ファジョン)』解説!仁穆(インモク)王后に恨まれた光海君(クァンヘグン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対に恨みを晴らしたい

「(光海君は)同じ空の下で一緒にいられない仇である。私が直接、その首を切り落としたい」
「私のために復讐してくれるのが孝行というものではないのか」
「母子の道理を破ったので、私は絶対に恨みを晴らさなければならない。これだけは、絶対に譲ることができないのだ」




仁穆王后は激烈な言葉を仁祖に何度もぶつけたが、仁祖は最後まで仁穆王后の言葉に従わなかった。先王を殺したりすれば、自分が後世で暴君扱いされることが目に見えていたからである。
結局、光海君は流罪となって斬首を免れ、1641年に流罪先の済州島(チェジュド)で世を去った。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(仁穆〔インモク〕王后編)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る