2016年の韓国社会は「激動の1年」だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

本来なら、2016年の韓国は比較的おだやかな1年になるはずだった。2017年には大統領選挙があり、2018年には平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開催される。重要な日程が続くが、2016年には目立った行事が予定されていなかった。しかし、10月になって歴史的な激動を迎えることになった。

600-37

権力寄りの検察

「現在の韓国は民主的に後ずさりしている」
このことを実感していた人が増えていた。
李明博(イ・ミョンバク)政権と朴槿恵(パク・クネ)政権。保守派の大統領が続き、表現の自由を脅かすような風潮が強まり、社会を覆う空気が重苦しかった。
顕著だったのが、検察の動きだ。




もともと検察は権力寄りだったが、保守派の大統領が続いて、その傾向がさらに強くなっていた。
「検察は権力の犬」
そう吐き捨てる若者たちの声を何度聞いたことか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る