2016年の韓国社会は「激動の1年」だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

本来なら、2016年の韓国は比較的おだやかな1年になるはずだった。2017年には大統領選挙があり、2018年には平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開催される。重要な日程が続くが、2016年には目立った行事が予定されていなかった。しかし、10月になって歴史的な激動を迎えることになった。

600-37

権力寄りの検察

「現在の韓国は民主的に後ずさりしている」
このことを実感していた人が増えていた。
李明博(イ・ミョンバク)政権と朴槿恵(パク・クネ)政権。保守派の大統領が続き、表現の自由を脅かすような風潮が強まり、社会を覆う空気が重苦しかった。
顕著だったのが、検察の動きだ。




もともと検察は権力寄りだったが、保守派の大統領が続いて、その傾向がさらに強くなっていた。
「検察は権力の犬」
そう吐き捨てる若者たちの声を何度聞いたことか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る