神のお告げ!大統領をはじめ多くの女性が頼る民間信仰

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本から見れば不思議である。大統領ともあろう人が、なぜ1人の怪しげな民間人にあそこまで取り込まれてしまったのか。まさにマインド・コントロールされたような状態だが、そこには韓国独特の民間信仰が関係している。

%ef%bd%b3%e3%83%bb%ef%bd%ae%ef%bd%b0%ef%bd%b3-12

苦難の歴史の中で救いを求める

中国と陸続きであったために、大国の攻撃に常にさらされてきた朝鮮半島。戦乱の中で多くの悲劇に見舞われたが、そういう苦難の歴史の中で人々は土着の占いや民間信仰に救いを求めてきた。




その伝統は今の韓国にも受け継がれている。その中で、特に多くの人たちが頼るのが「風水地理」と「四柱八字」と「巫女(みこ)信仰」である。
順に説明しよう。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る