落ちぶれた連中の奮闘ぶりが面白い『月桂樹洋服店の紳士たち』

このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の落ちぶれキャラクター

『月桂樹洋服店の紳士たち』で一番愉快なキャラクターはテピョン(芸名はソンジュン/チェ・ウォニョンが扮している)だろう。
2000年に新人賞を獲得して将来を嘱望されたロック・シンガー。しかし、今は落ちぶれていて、ようやくもらったライブの舞台でも、ひどい歌で客がみんな逃げてしまう。サインをあげると言っても、誰も「ほしくない」と無視する有様。ハンパなく落ちぶれているのだが、自分ではまだスターのつもりでいて現実を認識できない。この勘違いぶりが見ていて本当に笑える。




テピョンが出てくるだけで、ドラマはシリアスモードからコミックモードにガラリと変わり、「現実が見えない落ちぶれ男」のトンマぶりを堪能できる。
いつしか視聴者は、テピョンの出番を心待ちにするようになっている。(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る