朴槿恵大統領弾劾!やめさせられた朝鮮国王の実例

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の国会で朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾が可決された。すぐに職務が停止され、今後は憲法裁判所が最終決定するが、弾劾が認められる可能性が高い。彼女は「やめさせられた大統領」として歴史に名を残しそうだ。

dsc_0015

王位を叔父に奪われた国王もいた

1392年から1910年まで続いた朝鮮王朝には27人の国王がいたが、意外なことに、やめさせられた人が多い。
順に見ていこう(自分から譲位した国王を除く)。
2代王の定宗(チョンジョン)は1398年に即位したが、1400年に退位させられた。実は、定宗は傀儡(かいらい)の国王で本当の実力者は弟の芳遠(パンウォン)だった。芳遠は強権を発して兄の定宗をやめさせて、自分が3代王・太宗(テジョン)として即位した。




6代王・端宗(タンジョン)は父が急死して11歳で即位したが、叔父(父の弟)によって1455年に王位を奪われてしまった。後には死罪にさせられている。27人の国王の中で一番悲劇に見舞われた。(ページ2に続く)

歴史は繰り返す!悪女たちの大韓民国

昔も今も「陰の女帝」が出ると国が乱れる

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る