入隊したチョン・イルの今後の兵役予定は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

12月8日の午後、チョン・イルが韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入隊した。彼は4週間の新兵訓練を受けたのちに、社会服務要員として兵役を全うすることになる。

q1uckszlgylafdj1481180714_1481180761

 

事故の後遺症が理由

チョン・イルが社会服務要員の判定を受けたのは、親友のイ・ミンホと同乗した車が2006年8月に事故に巻き込まれたことが原因だった。
その事故とは、飲酒運転の車がセンターラインを越えてきて、彼らが乗った車と正面衝突してしまったのだ。イ・ミンホは全治7カ月の重傷だったが、チョン・イルはさらに危険な状態になった。脳出血を起こし、手首と骨盤に甚大なケガを負った。




幸いに2人は俳優として復帰できたが、事故の後遺症が理由で徴兵検査で社会服務要員の判定を受けている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る