42年前の悲劇が崔順実事件の始まりだった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国を揺るがす大スキャンダルに発展した崔順実(チェ・スンシル)事件。次々に発覚する新事実は崔順実容疑者の権力欲にまみれた姿を浮き彫りにするが、彼女がここまで朴槿恵(パク・クネ)大統領に近づけたのも、その父親の強い影響があったからだった。

kimg0216

きっかけとなった事件とは?

韓国や日韓関係に関する優れた著書をいくつも書いている大島裕史氏のコラムを読んでいると、『実録KCIA~南山と呼ばれた男たち』(金忠植著/鶴眞輔訳)という本を取り上げていた。




この本は韓国で1992年に発行されてベストセラーになった有名な書籍だが、同書に崔順実容疑者の父親である崔太敏(チェ・テミン)のことが出てくる。
崔太敏が若き日の朴槿恵大統領と知り合ったのは、1974年8月15日に起きた悲劇がきっかけだった。(ページ2に続く)

朴槿恵スキャンダルは大スクープから始まった!

朴槿恵スキャンダルで急に『太陽を抱く月』を思い出した理由

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る