おウチでできる韓国家庭料理(スンドゥブチゲ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

_aig0123
ヘルシーな豆腐と辛さがマッチ

スンドゥブ(純豆腐)チゲは、柔らかい豆腐がたっぷりと入った鍋料理。豆腐がふんだんに使われているため、とてもヘルシー。また、スープの旨味を引き立たせているトウガラシの辛さも人気を集めている。
具材には、スンドゥブのほかアサリもたくさん入っており、亜鉛などのミネラルも摂取できるのがうれしい。アサリには、鉄分が豊富に含まれており、低血圧の方にも良い食品だ。
スンドゥブチゲは、鍋の中でもかなり辛いほうだが、生卵が辛さを緩和してくれる。卵をかき混ぜても美味しいし、ごはんをスプーンに乗せて辛いスープと生卵を絡ませて食べるのも絶品である。
多彩な食べ方ができるので、一度味わってみてはいかがだろうか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る