傑作時代劇『三銃士』をより楽しむ2[稀代の奸臣キム・ジャジョム]

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHKBSプレミアムにて大好評放送中の韓国時代劇『三銃士』。ドラマをより楽しむために、当時の歴史を振り返る。第2回は国を犠牲に出世を続けた奸臣キム・ジャジョムの生涯を辿る。

TDCE5H7XZGR6WW5UBCXU

 

“仁祖反正”での功績

朝鮮王朝518年の歴史のなかでも随一の奸臣といわれるキム・ジャジョム。自らの栄達のために国を何度も窮地に追い込んだ彼は、後世のドラマや映画に登場するときは『花たちの戦い』や『華政』のように悪役として描かれることが多い。それは、本作『三銃士』でも同様だ。なぜ、キム・ジャジョムが韓国で稀代の奸臣と呼ばれるのか。彼の生涯を見てみよう。




キム・ジャジョムは、16代王・仁祖(インジョ)が15代王・光海君(クァンヘグン)を廃位にしたクーデター“仁祖反正”で功臣として遇された人物だ。しかし、彼は“仁祖反正”において直接的な功績をあげたわけではない。

キム・ジャジョムが高く評価されたのは、光海君の信頼をもっとも受けていたキム尚宮(サングン)に多大な賄賂を送ったことだ。実は、仁祖の反乱計画は事前に漏洩したことがあった。キム・ジャジョムはキム尚宮に賄賂を送ることで、その事実を見逃すように頼んだのだ。光海君は、全幅の信頼を寄せていたキム尚宮の言葉を信じて、事態の追求を怠った。その結果、“仁祖反正”は成功して仁祖は16代王となり、キム・ジャジョムは一等功臣として高い地位を得た。

(次ページへ)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る