朝鮮王朝おもしろ人物列伝(許浚編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第22回 医官として有名な偉人・許浚

許浚(ホ・ジュン)は、韓国時代劇『ホジュン 宮廷医官への道』の主人公となった人物だ。有名な医学書を書いた名医としても知られている。彼が生きた時代の歴史を辿っていこう。

『ホジュン 宮廷医官への道』で許浚を演じたチョン・グァンリョル

『ホジュン 宮廷医官への道』で許浚を演じたチョン・グァンリョル

最初は冷遇されていた

1546年、名門の家に生まれた許浚だが、庶子だという理由から冷たい扱いを受けて、重要な官職に就くことができなかった。それでも、許浚は「自分の力を生かせる仕事がしたい」と考えて、山中で生活していた名医のもとで医学を学ぶ。

29歳で医官の試験に合格して宮中での仕事を許された彼は、とても優れた医療技術を持っており、わずか1年という異例の速さで当時の王である宣祖(ソンジョ)の主治医となった。




許浚は宣祖から絶大な信頼を得るが、それで満足はせずに、新しい専門知識を得るためにずっと研究を続けた。

宣祖の時代には豊臣軍による朝鮮出兵(1592年~1598年)があり、多くの死者や怪我人が出た。許浚は各地を回りながら、その惨状を見て、医学書の必要性を実感した。そして、宣祖からも「中国から医学書は入ってくるが、我が民族の医学書がない」ということで、医学書を作ることを命じられたのである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る