康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人7」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回/李秀賢(前編)

2001年1月26日の午後7時15分頃のことだった。場所はJR新大久保駅のプラットホーム。そこで飲酒していた男性(37歳)が、ふらふらして山手線の内回りの線路に落ちた。それを見た2人の男性が、落ちた男性を救おうとして線路に飛び下りた。だが、電車が迫っていた。運転士は非常ブレーキをかけたが、間に合わずに3人が電車にはねられて死亡した。

李秀賢さんの肖像写真

李秀賢さんの肖像写真

犠牲者の1人は留学中の韓国人

線路に落ちた人を助けようとした2人の男性。1人は、横浜市の関根史郎(47歳)さんで、自然の風景や動物を撮り続けてきたカメラマンだった。

「仕事ぶりはまじめで、正義感にあふれていた」

誰もが人柄を褒めたたえた。関根さんの趣味は登山で、新大久保のスポーツ用品店に行った帰りに事故に巻き込まれたようだ。

もう1人は誰だったのか。




すぐにはわからなかったが、やがて留学中の韓国人だとわかった。

それが、26歳の李秀賢(イ・スヒョン)さんである。

李秀賢さんは日暮里にある赤門会日本語学校に通いながら、新大久保のインターネットカフェでアルバイトをしていた。通常の勤務は午前中だけなのだが、当日は店のパソコン数台がうまくネットにつながらず、パソコンに詳しい李秀賢さんが修理を続けていた。その帰宅時に新大久保駅で事故に遭った。

知らせを聞いた李秀賢さんの両親が東京に着いたのは、事故の翌日の1月27日夜だった。2人は帰らぬ人となった息子と対面して泣き崩れた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る