康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人7」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回/李秀賢(前編)

2001年1月26日の午後7時15分頃のことだった。場所はJR新大久保駅のプラットホーム。そこで飲酒していた男性(37歳)が、ふらふらして山手線の内回りの線路に落ちた。それを見た2人の男性が、落ちた男性を救おうとして線路に飛び下りた。だが、電車が迫っていた。運転士は非常ブレーキをかけたが、間に合わずに3人が電車にはねられて死亡した。

李秀賢さんの肖像写真

李秀賢さんの肖像写真

犠牲者の1人は留学中の韓国人

線路に落ちた人を助けようとした2人の男性。1人は、横浜市の関根史郎(47歳)さんで、自然の風景や動物を撮り続けてきたカメラマンだった。

「仕事ぶりはまじめで、正義感にあふれていた」

誰もが人柄を褒めたたえた。関根さんの趣味は登山で、新大久保のスポーツ用品店に行った帰りに事故に巻き込まれたようだ。

もう1人は誰だったのか。




すぐにはわからなかったが、やがて留学中の韓国人だとわかった。

それが、26歳の李秀賢(イ・スヒョン)さんである。

李秀賢さんは日暮里にある赤門会日本語学校に通いながら、新大久保のインターネットカフェでアルバイトをしていた。通常の勤務は午前中だけなのだが、当日は店のパソコン数台がうまくネットにつながらず、パソコンに詳しい李秀賢さんが修理を続けていた。その帰宅時に新大久保駅で事故に遭った。

知らせを聞いた李秀賢さんの両親が東京に着いたのは、事故の翌日の1月27日夜だった。2人は帰らぬ人となった息子と対面して泣き崩れた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る