今年上半期のドラマで最高の演技を見せたのは『テバク』のチェ・ミンス!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクが主演した『テバク』で19代王・粛宗(スクチョン)を演じたチェ・ミンス。『トンイ』でのチ・ジニを初めとして、今まで多くの俳優が粛宗を演じているが、「チェ・ミンスの粛宗が最高!」という声が多い。それほど彼の演技は見る者を身震いさせた。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

鬼気迫る演技力

今年の上半期で一番話題になったドラマは『太陽の末裔』である。ソン・ジュンギとソン・ヘギョが共演したこのドラマが上半期で最高のドラマだった。

しかし、俳優にスポットを当てると、「上半期の最高はチェ・ミンス」という評価が圧倒的だ。

それほど、粛宗を演じたチェ・ミンスにはカリスマ性が宿っていた。

もっとはっきり言えば、他の俳優では真似ができない「神がかり的な鬼気迫る演技力」を持っていた。




そのチェ・ミンスは1962年に芸能一家の二世として生まれた。「タフガイ」というイメージを前面に出して俳優活動をしていた彼が大ブレークを果たしたのが、1995年の傑作ドラマ『砂時計』だった。

以後の彼は、個性派の大物俳優として一目置かれる存在感を放った。

同時に、数々の奇行でも知られた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る