放送終了を迎えた『テバク』に韓国視聴者たちはどう反応したのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国SBSで6月14日に放送が終了した『テバク』。韓国の視聴者たちの感想を交えながら、改めて『テバク』が駆け抜けた3か月を振り返る。

 

写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより

 

テギル役はまさにテバク(大当たり)だった!!

 

チャン・グンソクにとって8年ぶりの時代劇となった『テバク』。そんなブランクを感じさせないほど、彼が演じたテギルは新しい姿を見せてくれた魅力的な役だった。

チャン・グンソクはテギルの繊細な感情の機微を見事に表現したと思えば、迫力あるアクションシーンをサラリとこなし、さらには本物のヘビに食らいつらいたりもしている……。




まさに、捨て身の覚悟で撮影に臨んでいたのだ。

チャン・グンソクが魅せた新しい姿は、新たなファン層の獲得に繋がったはずだ。

(次ページへ)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る