【連載】ヒボン式かんたんハングル【番外編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、番外編と題しまして、日常で使える便利なハングルをご紹介します。これさえ覚えておけば、咄嗟のことにも対応できるはずです。

 

 

日常で使える便利な慣用句

最初に、ペ・ヨンジュンさんファンの経験談に触れます。

あこがれのスターに直接会えるというイベントがあったので、あるファンがハングルを一生懸命に勉強して「あれも話そう」「これも話そう」と意欲満々だったのですが、いざペ・ヨンジュンさんに会った瞬間に感激で頭が真っ白になってしまったそうです。あれだけ勉強したのに、結局は一言もハングルを話すことができなくて、そのことをとても後悔する羽目になりました。

いくら外国語を勉強したとしても、実際に相手と言葉を交わせなければ、とてももったいないことです。逆に言うと、相手と初対面のときは、あれもこれも話せるわけではないのです。決まりきった言葉を覚えて、その言葉を感情こめて話すことによって、十分に気持ちが伝わることでしょう。

人間の気持ちはボディーランゲージで7割くらいは伝わると言います。あとは、いつでもポーンと出てくる決まり文句を覚えておくことが、外国語を話すときの一番のポイントだと思います。

そこで、口からすぐに出やすい「魔法のハングル」を覚えましょう。これを覚えておくと、どんな局面でも大変便利で、相手とも気持ちを通じ合うことができます。

なお、ハングルの最後によく「ヨ(요)」がついていますが、これは言葉をていねいにするときに使うものです。




1.オッテヨ(어때요)

この「オッテヨ」というのは、日本語にたとえれば、「どうですか」とか「どうなの」というニュアンスを持った言葉です。

日本語でも「どうも、どうも」とよく使います。なんでもかんでも「どうも、どうも」で済ませる人もいるくらいです。それに近い意味で、「オッテヨ」は「どうなの」や「どうですか」といった感じになります。

この「オッテヨ」を使う場合は、同時にからだで示したり、感情をこめて言ったりすればなおいいでしょう。たとえば、何かを食べていて料理を指しながら「オッテヨ」と言えば、「おいしいですか」という問い掛けになります。

とにかく、韓国の人は「オッテヨ」をよく使います。何か言葉の間が空くと「オッテヨ」と意味もなく使うくらいです。本来は相手への問いかけの言葉ですが、お互いの会話の口火をきるような形で「オッテヨ」を使うことも多いようです。

さらに、「ヨジュム(요즘)」という言葉を覚えればいいでしょう。これは「最近」という意味です。バッタリ会ったら、「ヨジュム オッテヨ(요즘 어때요)」と言えば、「最近はどうなの?」という意味になります。これは、会話の始まりとして一番口にしやすい言葉だといえるでしょう。

 

(次ページへ)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る