朝鮮王朝おもしろ人物列伝(4代王・世宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「訓民正音」の創製

世宗が在位中に取り組んだことの中で、最も大きな功績が、民族固有の文字「訓民正音(フンミンジョンウム)」を創製したことだ。いったい、どういう理由でそうなったのだろうか。

当時の朝鮮王朝では主に使われていた文字は漢字である。しかし、漢字を使えたのは特権階級(官僚や知識人など)の者だけで、庶民はまったく使うことができなかった。それを知って心を痛めた世宗は、民族固有の文字の創製に取り掛かった。それが1443年に完成した「訓民正音」で、公布されたのは3年後の1446年だ。今では、ハングルという名称になって広く浸透しているが、創製した当時は庶民に広く伝わらなかった。なぜかと言うと、漢字を使うことのできた特権階級の者たちが、自分たちの特権が脅かされることを恐れて、普及を妨げていたからだ。




そして、世宗は1450年に世を去るが、ハングルを創製したことが彼の名声を揺るぎのないものとし、「朝鮮王朝最高の聖君」と呼ばれ、韓国の小学校にはかならず世宗の銅像がある。それだけ尊敬を集める世宗は、まさに偉大な王と言える。

文=康 大地(コウ ダイチ)

朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

https://goo.gl/Hq6wU5

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

https://goo.gl/Ff3ssb

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

https://goo.gl/zf3dvA

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る