朝鮮王朝おもしろ人物列伝(4代王・世宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第10回 ハングルを創製した4代王・世宗

朝鮮王朝27人の王の中で、今も尊敬を集めている4代王・世宗(セジョン)。彼は、在位中にある大きな功績を残したが、いったい何をしたのだろうか。世宗の偉大さについて語っていこう。

pGeoMOeYF7NiJSF1465431911_1465431939

幼いころから聡明だった

朝鮮王朝3代王・太宗(テジョン)の三男として生まれた忠寧(チュンニョン)。朝鮮王朝時代は、原則的に長男が後継ぎとなるのだが、忠寧には兄が2人いたので、もともと王になれるはずがなかった。しかし、これまでの王家の代替わりを見てみると、意外と長男が王になっている例は少ない。実際、太宗も五男でありながら王になった人物である。

そんな太宗には、自分の後継ぎを誰にするかという悩みがあった。原則を守るならば、後継ぎは長男の譲寧(ヤンニョン)だが、太宗は三男の忠寧に王としての資質を感じていた。そんな父親の考えに譲寧が気づいた。最初は戸惑いを見せた譲寧だが、「自分より頭のいい忠寧が王になれば国も安泰になるはずだ」と思った。すると、彼は無能を装うという大胆な行動に出た。

その結果、譲寧は陰で側近たちから嘲笑されるようになる。さらには酒浸りになり、王宮を抜け出しては放蕩を繰り返した。ついに、譲寧は王位を継承する権利を剥奪されてしまう。




二男の孝寧(ヒョニョン)は、兄の行動に驚きを隠せなかったが、「自分が父上の後を継ぐことになる」と思うと、一層勉学に励んだ。しかし、そうしていくうちに自分の限界を感じて、さらには兄である譲寧の行動の意図を理解したのである。その後の孝寧の行動に迷いはなく、弟の忠寧に後継ぎの座を譲り、頭をまるめて仏門に入ってしまった。

父と2人の兄に認められた忠寧の聡明さを示す、多くの逸話が残っている。

幼いころから本を読むことが好きだった忠寧。10代のときに長く病床に就いていたことがあったが、それでも本を読むことを止めなかった。見るに見かねた太宗は、側近に本をすべて隠すように伝えた。しかし、忠寧は屏風の裏にあった本を1冊引っ張り出して、それを何百回も読んだのである。

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る